フォト

Twitter

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り

無料ブログはココログ

新春登山その3 大山詣り

2018年1月7日(日)

新春登山3つ目!丹沢の大山に登りました。

ヤマレコに記事をアップしました→ヤマレコ(大山ケーブルに乗って大山詣り(丹沢)

新春登山その2 城山・発端丈山(伊豆)

2018年1月3日(水)

まさかの新年2回目の登山を伊豆でしてきました。

息子と私は中1日での登山・・

ヤマレコに記事をアップしました→ヤマレコ(2018年 家族での登り初め~城山・発端丈山(伊豆)

2018年 初詣登山

2018年1月1日(月・元日)

今年も恒例の愛鷹山まで初詣登山に行ってきました。

息子(小2)も2年連続で参加。


ヤマレコに記事をアップしましたのでご覧ください→ヤマレコ(愛鷹山(2018年 初詣登山)

何度も書いてきたように、愛鷹山は登山道からの眺望が全く無く、ひたすら樹林帯を歩き続けることになります。
退屈な登山道に耐え登り続ける理由はただ一つ、山頂からの富士山の眺望を楽しみにしているから。

しかし、2018年最初の日、愛鷹山の山頂から富士山は全く見えなかった・・
そりゃ、確かに目的は愛鷹明神奥宮での元旦祭への参加ですよ、でも元旦祭参加と
富士山の眺望をセットでみんな考えてるので今年は残念過ぎる。
初日の出の時間帯は富士山がすごくきれいに見えただけにね。

例年どおり元日は子供たちと私だけ実家泊まり。
明けて2日、駅伝見たり子どもたちとカタンやったり、親戚が来れば昼酒飲んだり。
明日も家でのんびりだなと思っていたところ、奥様より「3日家族で山行こう」とラインが!

3日、さらには7日と年明け1週間で3回も登山をすることになったのでした。
3日、7日の登山記は後ほど。

今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

おでんと生ビールを求めて往復35kmの登山(北アルプス 涸沢)

9月23日(土)~24日(日)

北アルプスは涸沢までおでんを食べに登ってきました。
ヤマレコに記事をアップしましたのでご覧ください
Dsc_4528_00001

南アルプスの女王に再開

2017年9月3日(日)

南アルプス、仙丈ヶ岳(3033m)日帰り登山に挑戦しました。
ヤマレコに記事をアップしましたので御覧ください

夏の思い出

2017年8月4日(金)~6日(日)

毎年恒例の夏休みファミリー登山、今年は尾瀬へ。至仏山に登ってきました。
ヤマレコに記録をアップしましたのでどうぞ⇨ヤマレコ(至仏山、尾瀬ヶ原~家族ではるかな尾瀬へ~

14年ぶりに旧友と再会し鍋割山頂で鍋焼きうどん

2017年7月8日(日)

仙台で暮らす学生時代の友人が東京出張となったとのこと。しかも1ヶ月間。
14年ぶりに会おうじゃないかということで、共通の友人でもある山友Yと計画し鍋割山登山
からの飲み!と、ただ飲むだけじゃつまらないと登山を組込みました。

限られた期間の東京滞在ゆえ悪天候による延期=中止、おそらくもうこのメンツでの登山は
実現できない。となってしまう可能性大なのでヒヤヒヤしましたが天気は上々実現の運びと
なりました。

ヤマレコに記事をアップしましたのでどうぞ➩ヤマレコ(鍋割山~14年ぶりに再会した友人と鍋焼きうどんを食べに~

小学生たち瑞牆山に挑戦

2017年6月10日(土)~11日(日)

家族4人+義姉さんと息子、計6人で瑞牆山に登ってきました。
私はもう何度も登っているけれど他は皆初めてとなります。
ヤマレコに記事をアップしましたのでどうぞ➩ヤマレコ(瑞牆山(子供たちと富士見平小屋テント泊)
Dsc_2888_00001

瑞牆山のシンボル的な大岩、大ヤスリ岩です。
写真を拡大するとよく分かりますがクライマーが一人取り付いています。

Dsc_3017_00001

帰り道、瑞牆山の全貌を眺めることができるスポットより。
写真中央、切れ込みが入ったように見える▲部分の左側が大ヤスリ岩で、右側が山頂です。
子供たち頑張ったね。
お母さんたち・・・もっと体力つけましょうね(T_T)

田貫湖キャンプ

2017年5月5日~6日

ゴールデンウィークに田貫湖キャンプ場(富士宮市)で一泊してきました。
元々の予定は奥秩父の瑞牆山へテント泊で登ってくる、だったけれど4月に左足を疲労骨折
してしまい戦線離脱・・予定を変更しキャンプとなりました。
田貫湖キャンプ場にはライブカメラが設置されているので混み具合を確認できます。
こちらのキャンプ場は予約制ではないので今回のような急な予定変更の際にはありがたい。
キャンプの受付が午前8時からなので8時前に着くべく自宅を当日の朝6時過ぎに出発。
富士宮に入ってから若干の渋滞はあったもののスムーズに進み予定どおり8時前には
現地に到着しました。
が・・・

3日から滞在している人たちの車がすごいことに・・・(TдT)

後になって知ったことだけれど過去に例を見ない混雑ぶりだったようで、3日の途中から4日にかけて
キャンプの受付は断るという入場規制がかかっていました。
Dsc_2475

混み混み・・・ 200台用意されている駐車場から溢れた車の路駐が延々と続いています。
我が家も到着時は駐車場に入れず、駐車場入口近くの空きスペースに路駐しました。

田貫湖キャンプ場はチェックインが8時、チェックアウトが12時となっています。

そこで考えた。

8時に現地入りしても、まだその日にチェックアウト予定の人たちが撤収作業にかかっておらず、思うように
テントを張る場所を見つけられないのではないか?
チェックアウトしてサイトに空きが出てくるであろう10時以降到着でいいんじゃね?? と。

GWだし、間違いなく混むだろうし、早く行こうということで8時到着を選びましたが、10時半くらいでよかったかも。
私達が着いたときは富士山がバッチリ見える湖畔のAサイト(景色良し、駐車場近しで真っ先に埋まるエリア)
はもちろん奥のBサイトに至るまで隙間なくテントが張られ、難民キャンプ状態でした。
もともと富士山は見えなくてもいいので、空いていて静かに過ごせるBサイト狙いでしたがAもBもない混みっぷり。
運良く撤収作業中の方を見つけたので声をかけたところ、私達より一足先に来られて空き待ちを
されている方が一組いるので話し合って上手くテントを張ってくださいとのこと。
先着の方にご挨拶し我々のテントを張る場所を確保。

Dsc_2472

設営が楽な山岳テント(モンベルのステラリッジ4)でいいかなと思っていたんだけれど
子供たちのたっての希望 「トンガリテントがいい!」 で、ピルツを久しぶりに張りました。
ワンポールなので十分こっちも楽だけどね。
ワンポール多角形テントの宿命でペグが20本と多いけど固い地面ではなかったので苦にならず。
ペグはスノピのソリステ20を使用。

色んなブランドから出ているのでそれほど珍しくもないと思うけど、うちのトンガリ見て
「ハリーポッターみてぇ(゚∀゚)」 と、小さい子が歓声をあげたりもしていたって。

今回ピルツは他に数張り見ました。うちより大きいピルツ15や黒ピルツ9!がありましたよ。
黒ピルツは初めて見たけど悪そうだね、ダークサイドに堕ちた感じがすごくいいね。
張り綱まで黒のオールブラックモデル。
他にもノルディスクのアルフェイムなんていうお高いテントも見かけました。
Dsc_2497

タープは田貫湖キャンプが決まってから慌てて新調したものです。
モンベルのミニタープHXという小ぶりなタープ。
ポールは別売りなのでREVOタープのポールを流用。REVOのメインポールは背が高過ぎなので
サブポールを使用。さらに私の登山用ストックで開放感をプラス。
付属の張り綱は貧弱だったので交換しました。
タープは大きくても小さくても一人で設営するときの難易度は変わらないけど、撤収時は大きいタープだと
一人で畳むのが面倒。その点このチビタープは撤収も一人で楽々です。
田貫湖の端っこ、静かな湖畔に設営できました。

Dsc_2530
夜は焚き火で暖を取りながらUNO大会(^o^)
息子が興奮し過ぎて時折「ウノゥォッ!!!!」と雄叫びを上げるのでひやひやしました。
明けて撤収の日。天気予報は雨、しかし午前中は概ね晴れだったので大物の撤収を済ませてしまってから
チェックアウトぎりぎりまで再び湖畔でUNO大会・・
カードゲームは他に「ニムト」を持っていきましたが子どもたちにはUNOの方がルールも
簡単で楽しいようです。
目指せ月一キャンプ、なんて話をカミさんとしていますが果たしてできるかどうか。

こどもたち頑張った。沼津アルプス縦走

2017年3月20日(月・祝)

大人4人、子供4人で沼津アルプスに登りました。
しかも子供達ががんばりを見せてくれ、縦走してきました。

西丹沢大野山(ファミリーハイキング)

2017年3月12日(日)

昨年4月24日に一度登った西丹沢の大野山に家族でまた登ってきました。

富士山をずっと眺めながら金冠山・達磨山

2016年11月20日(日)

1日自由な時間をもらえた日曜日、天城山方面を歩く予定で計画していて家族にも「八丁池」とメモを残して
出発したのだけれど、富士山がきれいに見られそうだったので寄り道(このときはそう思っていた)して
だるま山高原レストハウスへ向かいました(ここ、住所は伊豆市大沢になるようです)。

着いたのは7時ちょっと過ぎ。駐車場はがらがら、撮影してる人は2人だったかな、三脚据えて本格的な機材でした。
白い望遠付けていたのでキャノンですね。

わたしは・・手持ち撮影です。

Dsc_1466
Nikon D750 / AF-S NIKKOR 20mm f1.8G ED

Dsc_1481
Nikon D750 / AF-S NIKKOR 50mm f1.8G

もう何度もここには来ているけれど今回が一番か。沼津は霧の中に沈んでいます。
静かで幻想的なひと時を過ごしました。

ぽつりぽつりと人が増え始め、皆一様に「きれーい」「すごーい」と感嘆の声を上げていました。

このころすでに自分の中では天城山の線は消えていました。
前回ここを歩いたのは5月、義姉さんファミリーとでした。そのときはガスガスで富士山は全く見えなかった。
よしリベンジだ、とばかりに金冠山・達磨山登山へと変更しました。

 

リベンジ!美ヶ原 (松本城~美ヶ原~りんご狩り)

2016年11月5日~6日

毎年恒例のりんご狩りの季節がやってきました。

夏に息子が参加したサッカーの合宿で松本城を訪れた際に、時間が無くて天守には登れなかったらしく、
今年のりんご狩りは松本城に寄って行きたいとのリクエストがありました。

そこで、今年のりんご狩りは一泊でスケジュールを組みました。
〈1日目〉早朝出発し松本城にまず行き、そこから美ヶ原まで上り『美ヶ原高原ホテル山本小屋』に宿泊。
〈2日目〉 山本小屋から青木村へ移動しりんご狩り。
こんな感じ。

前回山本小屋に泊まった時は気温−7℃・・今年は+13℃でした。 20℃も高い!(^o^)
とはいえ高原台地なので風が強く、風に吹かれるとやっぱり寒かった。

それでも宝永山で経験した寒さの記憶が新しいので問題無しです。
大菩薩に引き続き快晴の美ヶ原ハイキングができました。美ヶ原は「登山」ではないな、
ハイキングの方がしっくりきます。

Dsc_1432
※※ 何しろ写真が多いので・・ぼちぼち更新していきます(大菩薩も)

快晴の大菩薩。みんなにこの景色を見せたかったのよ

2016年11月3日(木・文化の日)

家族で登るのは4年ぶりとなる大菩薩嶺(峠)へ義姉さんファミリーと宝永山登山のときから
一緒に歩くようになった義姉さんのお友達母子の総勢9名で行ってきました。

快晴の大菩薩を満喫。

ヤマレコに記録をアップしましたのでご覧ください
⇒ヤマレコ(快晴!の大菩薩(ロッヂ長兵衛~唐松尾根~大菩薩嶺~大菩薩峠)


Dsc_0769

宝永山

2016年10月10日

静岡県東部に住む人に富士山の絵を描いてと言ったら、ちょっと絵心のある人なら
宝永火口(宝永山)もきっと描くでしょう。
そんな馴染み深い宝永山にやっと登ることが出来ました。

ヤマレコに記事をアップしましたのでご覧ください⇒ヤマレコ(宝永山

Dsc_03632

Dsc_0375

Dsc_03872

Dsc_0391

Dsc_0439

Dsc_0473

Dsc_0485

Dsc_0497

Dsc_0520

Dsc_0521

Dsc_0540

Dsc_0556

Dsc_0580

Dsc_0581

Dsc_0617

«Viva!夏山2016~二度目の北岳で初めてのブロッケンに感激~