フォト

Twitter

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り

無料ブログはココログ

« 七五三 | トップページ | タップルームで1人昼酒を満喫中 »

スタッフドチキンに挑戦

2013年12月22日(日)

義姉家族と一緒に昼間から一足早いクリスマス飲み会を開催。
目玉はダッチオーブンで作るスタッフドチキン。ダッチオーブンデビューしたてにつき
上手くできるか不安でいっぱい。事前にネットを徘徊し情報収集。

鶏は12月に入ってすぐに肉屋に予約しました。

Dsc_29292

ムッチリ。岡山県産 木酢育ち 森林どり なるもの。
自分では計量していないけれど、予約時に聞いたところ2kg前後で1,480円でした。

チビヲに持たせてみた。鶏にビビリはしなかったけれど重かったようです。
持っている間に首の骨がにゅーっと伸びてきてちょっとビジュアルがえぐい・・

Dsc_29362

下準備開始

Dsc_2950

まずは水洗い。中側もしっかり洗います。少しワタが残っていたのでそれを掻き出します。
洗い終わったらキッチンペーパーで水気を取って、すりおろしニンニクを満遍なくすり込みます(腹の中も)。
次にクレイジーソルトをたっぷり、これでもかというくらいすり込みます(同じく腹の中へも)。
更にローズマリーをパラパラと振りかけます。

詰め物はニンニクとフランスパン、ローズマリーの枝、そしてチビっ子達へのサプライズ用に
実家で飼っている烏骨鶏のゆで卵を3つ仕込みました。

Dsc_2958

脚をタコ糸で縛り形を整えます

Dsc_2959

頭の方から

Dsc_2962

尻の方から

これで下準備は完了です。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

当日、風も無く穏やかな晴れの日でした。

男の子チーム(私、チビヲ、甥っ子、義兄さん)はチキン担当です。
ま、実際は全部私がやりましたが。

Dsc_2964

ダッチオーブン(12インチ)をプレヒートして

Dsc_2966

鶏を投入。ニンジンとジャガイモも一緒に(鶏の焦げ防止にもなります)。
玉ねぎはすぐに柔らかくなるので後から入れることにしました。

Dsc_2969

焼きスタート!

《今回の反省点》
用意した炭は奮発して岩手切炭。すこぶる評判がいいようです。
しかし・・・火熾しが中途半端だったようで今一つダッチオーブンの中がいつまで経ってもおとなしく、途中で
火を熾し直したり、薪をくべたりして火力アップを図りました。
この辺り、まだまだトーシロです。経験を積んでいくしかありませんね。

Dsc_2976

それでも火力が出てからはダッチオーブンの中からパチパチジュージュー小気味よい音が聞こえてきて
美味そうな匂いを周りへ振り撒き、皆を期待させます。

鶏を待つ間、ワインを飲みながら姉さんが作ってくれたカラスミのショートパスタなどをつまみます。相変わらず昼間の酒は美味し。

さてチキンですが、初めて故焼きが足りなかったり逆に焼き過ぎたりという事態になることは容易に想像できます。
そこで念には念を入れて、内部の温度を測れる温度計を用意しました。
ネット情報ですが、チキン74℃、ホールチキン82℃まで加熱すべしとの記述がありました。
我々のチキンは80℃弱になったところで完成としました。

もっとこんがり焼けていた方が美味そうに見えるのですが、いい感じではないでしょうか。

Dsc_2979

(ちょっと散らかってるけど)初めてにしては上出来でしょう!

味付けもちょうどよく、肉も柔らかくて美味かった。
そして肉以上に美味いと感じたのが野菜。とろっとろの玉ねぎ、ゴムのように柔らかくなった人参、
皮はカリっとしていて中はほっくり焼きあがったジャガイモ。みな美味かった。

烏骨鶏のゆで卵、大げさに「お~このチキンは卵産んでるよー!!子持ちチキンだ!」と驚いて見せたところ
あろうことか、義兄さんがひっかかり・・・
ケーキ食べるころになってようやく謎が解けたようでしたsweat02

なるほどダッチオーブンが魔法の鍋と呼ばれるのがよくわかりました。
火の管理をしっかりすれば失敗は無さそうなので、是非来シーズンのキャンプで友人達に披露したい。そんな仕上がりでしたhappy01

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

Dsc_2980

一方こちらは女の子チームが作ったケーキ。見た目は少しいびつだけれど味は◎

« 七五三 | トップページ | タップルームで1人昼酒を満喫中 »

」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
とても美味しそうなスタッフドチキンですね〜。しかも大きくていい鶏肉そうなのに意外と安いし。ボクも昔の職場の先輩にダッチオーブンで同じようなものをごちそうになりました。野菜も丁度よく焼けてるのがいいですね。ケーキはむしろ市販されてるより美味しそうです。(ボクは下戸で甘党なのです 笑)ただ使ってない時のダッチオーブンの手入れが大変そうでしたが、これはそんな心配もなさそうですね。ボクも家で使えるように買おうかな。

アールグレイ様
はじめまして、コメントありがとうございます。
この秋にダッチオーブンデビューしたばかりなので偉そうなことは言えませんが、燻製も簡単にできるし、チキンもおいしく仕上がるし
手入れさえ面倒くさがらなければいい相棒になれそうです。
ユニフレームの黒皮鉄板製のダッチオーブンは洗剤でゴシゴシ洗っていいそうなので、鋳鉄製のものに比べると
格段に手入れが楽そうです。
IHもOKなようなので是非お宅でも! 野菜がねーびっくりする美味さでしたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 七五三 | トップページ | タップルームで1人昼酒を満喫中 »