フォト

Twitter

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ

« Klaxon TR99 | トップページ | 三嶋大社の桜 »

純正リアバンパー用牽引フック

まだまだ続く・・・牽引フックの取付け

【APIO / JB23 純正リアバンパー用牽引フック 穴あけ不要タイプ】

アピオの商品紹介ページに「取り付けには首下20cm以上ある14mmメガネレンチまたはスパナが必要」
とありました。

なぜ20cm?と思いつつ条件を満たした14mmレンチを準備しましたが、

Pc1217992

このように、20cmないとボルト穴に届かないのです。

Pc1218012
ナンバープレートを外して取り付けるのですが、言うほど簡単ではなかった。不器用なのかな・・
予めレンチにナットをはめて途中で落ちないように軽くビニールテープで固定。からレンチを入れて奥へ奥へ。
ボルト穴の上と思われるところまで進んだところでストップ、ボルトをそこで受け締め付けます。

レンチはストレートタイプの方がいいです。自分のは立ち上がり角のあるやつ(KTC)で、締め上げて
いくとピーンと立ち上がったレンチがナンバープレートを外した後の切欠きに干渉してレンチをナットから
取り外すのが少し大変です。

Pc1218002

実際にこの牽引フックで引いたり、引かれたりといった状況には陥らないと思うので、見た目の
アクセントとしての効果を期待したパーツです。

・・が、黄色いナンバーの下からわずかに顔をのぞかせる黄色いフック、ほとんど目立ちません(^_^;)

« Klaxon TR99 | トップページ | 三嶋大社の桜 »

ジムニー(JB23)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Klaxon TR99 | トップページ | 三嶋大社の桜 »