フォト

Twitter

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り

無料ブログはココログ

ダッチでスタッフドチキン

2015年12月23日(水・祝)

今年は上手く焼けるでしょうか。
義姉さんファミリーとクリスマスの恒例となりつつあるスタッフドチキンを焼きました。

Dsc_6032
プレヒートしたダッチオーブンに鶏を入れ、周りに玉ねぎ、人参、縦半分に切ったメークインを並べます。
まだ余裕があったので手羽中を10本くらい載せ、最後にローズマリーをのせて準備完了。

さあ、上手く焼けるでしょうか。

Dsc_6036
熱源は鹿番長のエコ一発着火炭・・はずれ。火力が弱すぎて一向にダッチの中の温度が上がりません。
去年も確か同じものを使ったと思うけど、ここまでひどく無かったよなあ。個体差かな。
火の管理が楽かなと思って選んだけれど、もう来年からは使うことはないでしょう。

「岩手切炭なら樫一級」がまだ残っていたことに気づき途中から加えて、ようやくダッチの中からチリチリと音が聞こえ
ローズマリーの美味そうな香りが漂ってきました。

Dsc_60432_2
チキンが焼きあがるのを焼き鳥を食べながら待つ息子サンタ

Dsc_6052
内部温度は77.2℃ もういいでしょう。

Dsc_6053
はい、出来上がり。美味そうでしょ? 美味かったですよ、今年もscissors

次は大晦日のこれも恒例となっている蕎麦打ちだ!

明日焼く!

2015年12月22日(火)

今年もスタッフドチキンを焼きます。仕事帰りに注文しておいた鶏を受け取り、夕食後に下ごしらえ開始。

Dsc_6025
静岡県産ハーブ鶏 2kgサイズで税込2,138円也

・・・生きてるみたいだね

水洗いしてペーパータオルで水気を取り、荒れた手に染みるすりおろしにんにくに呻き声をあげながら鶏の内側と
外側に塗り込みます。次にこれでもかとクレイジーソルトをこれまた内側及び外側に振り振りすりすり、
中に子供だましのうずらの卵と小さく切ったフランスパンを詰め、さらにローズマリーを2、3枝隙間に無理やり押し込みます。
全体にローズマリーをぱらぱらと散らせば準備完了scissors

Dsc_6027
今年は上手に焼けるでしょうか。

今年もスタッフドチキンで飲む

2014年12月23日(火・祝)

今年も義姉さんち家族と「鶏の丸焼き」しました。
今年の鶏は国産ハーブ鶏解凍1,980円・・・前日の晩に肉屋に受け取りに行く時間に
合わせて解凍してくれるようなことを言ってたけど結構カチカチ(^_^;)

やっと解凍できた深夜1:30過ぎに下ごしらえ開始
Pc2307781
胸側から

Pc2307791
背中側から(重さは2kgくらいかな)

鶏をよく水洗いしてペーパータオルで水気をしっかり切ります。
次にすりおろしにんにくを塗り塗り(内側にもしっかりと)
※水仕事で手荒れのひどい私の手には酷な作業です

にんにくを万遍なく塗りこんだらクレイジーソルトをこれでもかってくらい振りかけ、すり込みます。
やべ、かけ過ぎだな。こりゃ塩っ辛いかな?って思うくらいでちょうどいい。

Pc2307811_2 今年も子供だましにうずらの卵を入れました・・朝、空き缶をチビジョに見られてしまいあっさり見破られる

Pc2307851

詰め物をする前に首の部分を内側に引っ張り込みます。
でフランスパン、うずらの卵、にんにくをぎゅうぎゅう詰め込み、さらに隙間にローズマリーを数本。

Pc2307871
外側にもローズマリーを振りかけ、たこ糸で足を縛れば下ごしらえ終了です

Pc2307881 にんにくが産まれそうだ(^_^;)

さて当日です。昨年は火の管理に失敗して今一つ納得のいく出来ではなかったんだけれど
今年はどうでしょう。

Dsc_6186

ダッチオーブンをプレヒートして鶏を投入。
鶏が鍋肌に出来るだけ触れないようにメークイン、玉ねぎ、にんじんを周りに並べます。
ローズマリーをのせたら蓋をして後は火の管理に気を付けながら飲んで待つだけ。

Dsc_6218

今年はキャプテンスタッグのエコ一発着火炭ってのを買ってみました。
簡単に火が着きこれは楽。ただし想像以上にもろくてサラサラと崩れやすいので気を遣います。

1時間経過

中の具合はどうでしょうか

Dsc_6243

よーしrock 美味そうだ。内部温度は75℃強、もういいかな。

Dsc_6252

今年の出来は満足できるものでした。
肉汁を吸ったフランスパンも美味しい。うずらの卵は・・・もはや一切の驚きも無くチビ達は淡々と食べていました(-"-)

満足のいく出来だったとはいえ、中心部が若干火の通りが甘く(十分食べられる状態だったけど)、
ダッチオーブンに入れ直し再加熱しました。
加熱時間は1時間15~30分くらいでちょうどいいかも。

準備と片付けが手間だけど子供達の喜ぶ顔を見ているとやはりやって良かったと感じます。

クリスマスも終わりいよいよオーラス、大晦日に蕎麦打ちですrockrock

 

2013年大晦日 今年も蕎麦を打つ

2013年12月31日 大晦日

今年もいよいよ今日でお終い。恒例の蕎麦打ちです。

Pc300221

今晩の蕎麦用に、昨日父と山芋を掘ってきました。
長さはそこそこ、でもちょっと細いね。この芋を掘るための作業量は私2:父8でしょうか。
山芋掘りは父が生きているうちにノウハウを吸収しておきたいと思うけれど、ツルを
見つけることが私にはできそうもありません。

父がツルを見つけ、ここ掘れわんわんで私がせっせと掘り進みます。ある程度掘った
ところで父にバトンタッチ、手際よくさらに掘り進め折らずに一本掘り上げました。

そして今日大晦日、ここ数年の恒例となっている蕎麦打ち。
Pc310225
蕎麦をのす父(この前の段階までは私がやったんだけれど、のすのが下手なもので・・)

Pc310228
そして完成。太さが不均一なのはご愛嬌happy01

今晩は奥様の実家で宴会、そして明日はこれまた恒例の愛鷹山へ初もうで登山です。

来年も心穏やかに過ごしたいものです。みなさんよいお年を!

スタッフドチキンに挑戦

2013年12月22日(日)

義姉家族と一緒に昼間から一足早いクリスマス飲み会を開催。
目玉はダッチオーブンで作るスタッフドチキン。ダッチオーブンデビューしたてにつき
上手くできるか不安でいっぱい。事前にネットを徘徊し情報収集。

鶏は12月に入ってすぐに肉屋に予約しました。

Dsc_29292

ムッチリ。岡山県産 木酢育ち 森林どり なるもの。
自分では計量していないけれど、予約時に聞いたところ2kg前後で1,480円でした。

チビヲに持たせてみた。鶏にビビリはしなかったけれど重かったようです。
持っている間に首の骨がにゅーっと伸びてきてちょっとビジュアルがえぐい・・

Dsc_29362

下準備開始

Dsc_2950

まずは水洗い。中側もしっかり洗います。少しワタが残っていたのでそれを掻き出します。
洗い終わったらキッチンペーパーで水気を取って、すりおろしニンニクを満遍なくすり込みます(腹の中も)。
次にクレイジーソルトをたっぷり、これでもかというくらいすり込みます(同じく腹の中へも)。
更にローズマリーをパラパラと振りかけます。

詰め物はニンニクとフランスパン、ローズマリーの枝、そしてチビっ子達へのサプライズ用に
実家で飼っている烏骨鶏のゆで卵を3つ仕込みました。

Dsc_2958

脚をタコ糸で縛り形を整えます

Dsc_2959

頭の方から

Dsc_2962

尻の方から

これで下準備は完了です。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

当日、風も無く穏やかな晴れの日でした。

男の子チーム(私、チビヲ、甥っ子、義兄さん)はチキン担当です。
ま、実際は全部私がやりましたが。

Dsc_2964

ダッチオーブン(12インチ)をプレヒートして

Dsc_2966

鶏を投入。ニンジンとジャガイモも一緒に(鶏の焦げ防止にもなります)。
玉ねぎはすぐに柔らかくなるので後から入れることにしました。

Dsc_2969

焼きスタート!

《今回の反省点》
用意した炭は奮発して岩手切炭。すこぶる評判がいいようです。
しかし・・・火熾しが中途半端だったようで今一つダッチオーブンの中がいつまで経ってもおとなしく、途中で
火を熾し直したり、薪をくべたりして火力アップを図りました。
この辺り、まだまだトーシロです。経験を積んでいくしかありませんね。

Dsc_2976

それでも火力が出てからはダッチオーブンの中からパチパチジュージュー小気味よい音が聞こえてきて
美味そうな匂いを周りへ振り撒き、皆を期待させます。

鶏を待つ間、ワインを飲みながら姉さんが作ってくれたカラスミのショートパスタなどをつまみます。相変わらず昼間の酒は美味し。

さてチキンですが、初めて故焼きが足りなかったり逆に焼き過ぎたりという事態になることは容易に想像できます。
そこで念には念を入れて、内部の温度を測れる温度計を用意しました。
ネット情報ですが、チキン74℃、ホールチキン82℃まで加熱すべしとの記述がありました。
我々のチキンは80℃弱になったところで完成としました。

もっとこんがり焼けていた方が美味そうに見えるのですが、いい感じではないでしょうか。

Dsc_2979

(ちょっと散らかってるけど)初めてにしては上出来でしょう!

味付けもちょうどよく、肉も柔らかくて美味かった。
そして肉以上に美味いと感じたのが野菜。とろっとろの玉ねぎ、ゴムのように柔らかくなった人参、
皮はカリっとしていて中はほっくり焼きあがったジャガイモ。みな美味かった。

烏骨鶏のゆで卵、大げさに「お~このチキンは卵産んでるよー!!子持ちチキンだ!」と驚いて見せたところ
あろうことか、義兄さんがひっかかり・・・
ケーキ食べるころになってようやく謎が解けたようでしたsweat02

なるほどダッチオーブンが魔法の鍋と呼ばれるのがよくわかりました。
火の管理をしっかりすれば失敗は無さそうなので、是非来シーズンのキャンプで友人達に披露したい。そんな仕上がりでしたhappy01

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

Dsc_2980

一方こちらは女の子チームが作ったケーキ。見た目は少しいびつだけれど味は◎

今年は控えめな餅つき

2012年12月30日(日)

今年は祖母と祖父を相次いで亡くしたので餅つきは無し。
そう父が言っていたのに気が変わったらしい、結局身内で消費する分だけはいつものようにつくことに。

Dsc_5802_2
やっぱりつきたては美味い。もっとも自分は断然つく前のオコワが好きなんだけれど。

皆さん良いお年を。

リンゴ狩り

2012年11月18日(日)

長野県の青木村までリンゴ狩りに行きました。

青木村に「りんごの木オーナー制度」というのがあって、1年契約でりんごの木のオーナーになれます。
管理はりんご園の方が行なってくれるのでオーナーは収穫だけすればOKというもの。
うちの奥様、いつの間にかオーナー契約していたようです。

青木村へは片道4時間強のドライブです。
運転は奥様が往復担当してくれましたが・・・遠かった。長野県でかい。

行きは真っ白な南アにテンション上げ、いったいどんなところだろうという期待もあり楽しい
ドライブだったけれど、帰りはチビジョとチビヲが髪を引っ張りあう大喧嘩を車内で繰り広げ
私の逆鱗に触れ・・チビどもに注意を奪われ道を間違い・・・疲れました。

写真を後で見ると可愛く二人とも写ってるんだけど、何でああなるかねえ毎度毎度・・

Dsc_4623_2
奥様の木(品種はサンふじ)

Dsc_4652_2
鈴なりのリンゴ

350個とれましたrock

fuji


青木村公式HPより引用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
青木村は美しい山々に囲まれた農山村です。

長野県の東部、上田市から西方約12kmに位置し、東西約8km、南北には約10.4kmに
広がっており、面積は57.09k㎡あります。

南に夫神岳(1,250m)、北に子檀嶺岳(1,223m)、西には十観山(1,284m)がそびえており、
昔から「青木三山」と呼ばれ村のシンボルとして村民から愛されています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dsc_4797_2

夫神(おかみ)岳

Dsc_4799_2

十観山(じゅっかんざん)

Dsc_4801_2

子檀嶺(こまゆみ)岳

Dsc_4816_2
道の駅あおきの「アオキノコちゃん」(青木村のマスコットキャラクター)

泣きわめく幼稚園児も笑うサクランボ!!

仙台に住む友人から佐藤錦が届きました!!

Dsc_9615_2

お隣の山形県までサクランボ狩りに行ってくれてそこから直送してもらいました。
毎年ありがとうございます! lovely lovely

今年のは最高のタイミングで収穫できたのでとっても美味いぜ!と事前にアナウンスを
もらっていたので期待して待っていましたが・・・なるほど今年のは特に美味しい!!!

チビジョは生まれたときから「サクランボのお友達」のとびっきり美味いサクランボ育ち。
油断すると1kgくらいペロッと食べられてしまうので、食べ尽くされる前に自分も食べなきゃ!

新茶発送準備

今年の一番茶(新茶)はもう終わっているのになかなか友人達への発送準備が
進まず・・・ようやく今日準備が「ほぼ」できました。
いつも楽しみにしてくれているあなたhappy01もう少し待っていてくださいね。

写真は近所のお茶工場。ここは荒茶を仕入れて再製と呼ばれる仕上加工を専門に
行なっている工場です。

毎年うちのお茶は、摘んだ後まず私の同級生のやっているお茶工場へ持って行きます。
そこで生葉を荒茶にしてもらい、それを今度は写真の再製工場へ回して仕上げてもらっています。

Dsc_9385_001
味のあるお茶箱たち

Dsc_9401_001

Dsc_9402_001
子供のころ毎日のようにこの工場でかくれんぼしてました。お茶箱の中だったり、床下だったり、隠れるところはいくらでもあります。

Dsc_9386_001

全自動でお茶の袋詰めをします。鮮度を維持するために窒素も充填します。

今年も美味しく仕上がっていると思います。季節の香りを楽しんでください。

新茶のシーズン到来

2012年5月5日(土・こどもの日)

今年も新茶のシーズンとなりました。
子供のころからゴールデンウィーク=お茶つみ でした。
ところがここ数年寒さやら霜やらの影響でゴールデンウィーク半ば以降のスタートと
なっていて、GWの遊び方を知らない私は最初とまどったものです(^_^)

今年も連休の前半は奥様の実家で義姉さんたち家族とBBQしたり、丹沢登山
したりと楽しみ、そしてやっとこさお茶となりました。

今年はチビジョの幼稚園の同級生家族を招待して「手摘み」を体験してもらいました。
(昔は手摘みでしたが、今は機械摘みが主流です)
駿河湾を見下ろす場所にある茶畑で、北側には愛鷹山がそびえほんのちょっとだけ
富士山の剣ヶ峰が見える。そんな場所での開催。
しかも今ゴールデンウィークで人気沸騰した新東名駿河湾沼津SAへも徒歩で行けちゃう。
子供達もお茶摘みに飽きたらSAまでアイスを食べに行ってました。

親も子も満足してくれたようなので来てもらってよかったです。

Dsc_9315_001
沼津アルプスから伊豆の山まで一望できます。


より以前の記事一覧