フォト

Twitter

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り

無料ブログはココログ

ルノータイマー

car ルノータイマーただいま絶賛作動中・・・ crying crying crying

メガーヌ タイヤ交換

先日メガーヌのタイヤを交換しました

新車装着タイヤは ミシュラン ENERGY3 でした。
5年3ヶ月、4万キロ強経つと・・
En3
・・こんなですcoldsweats01  ひび割れまくり、おまけにスリップサインほぼ出とるcoldsweats01
車検は何とか通してもらいました。すぐに換えろと言われて放置すること4ヶ月いよいよ
不安になってきて交換の運びとなりました。

おフランスの車なので今回もミシュランで・・と思ったけれどミシュラン高いねー。
あっさり諦め、知人の勧めもあってアジアンタイヤに手を出しました。

選んだのは台湾のNANKANG(ナンカン)というメーカーのAS-1 205/55R16

矢東タイヤで交換して総額38,640円・・安いーhappy02happy02
ミシュランとか石橋さんとかだとこの倍はするもんねぇ。

As12

まあねぇご覧の通り

As11
野暮ったいデザインなんだけれどもね。

さぁこのタイヤどれだけもってくれるでしょうか。

メガーヌ ハイフラッシャー

[メガーヌ備忘記録]
年末だというのにメガーヌのフロント左ウインカーが点かなくなりハイフラッシャーにcrying
すぐにディーラーにバルブが切れたと連絡したところ、バルブ切れじゃない可能性もあるということで
一泊させることに。

結果は・・・バルブ切れではなく接触不良でした。
代金はサービスhappy01

年内最終営業日にもかかわらず営業時間後の受け取りに快く応じてくれたサービス工場の
スタッフの方に感謝!

※代車はVWポロ。コンパクトなのはいいけどブレーキペダルとアクセルペダルが近過ぎて
おまけにペダル上部のクリアランスが狭いので、つま先が引っかかってしまって少し危険。

メガーヌ3に試乗

チビジョと土砂降りの中メガーヌ3に試乗してきました。

私のメガーヌ2(Ph.2)は5年目の車検を通したばかり、イタリアへ旅したときにたくさんの
メガーヌを見て一目ぼれしたのが購入のきっかけでした。
それ以上に心奪われたのはアウディA2という何とも???な素晴らしいデザインの車だったけど・・
メガーヌ2にはずっとずっと乗っていたいので買い替えなんてこれっぽっちも考えていないけれど、
カングーの焼き目を付けられるフライパンをもらって来いとの奥様の指令を受けcoldsweats01
カングーに試乗すべくディーラーに。

どの車種に乗ってもらってもいいですよ、ということでカングーも気になったけれど、やはりメガーヌオーナー
なのでメガーヌ3に試乗することにした。

プレミアムラインとGTラインと2タイプ(共に2L直4)ある内のGTラインをチョイス。
GTラインはタイヤが17インチと1インチ大径でサスも固めとのこと。

シートはかなりのホールド感。肩の辺りが少し窮屈に感じたけれど慣れの問題かなぁ?
ゆったり乗るっていう感じではないかも。
シートの高さ調整幅はメガーヌ2より3の方が大きいような気がする。
メガーヌ3はかなり着座位置を低くできます。

エンジンのスタート/ストップはカードキーの挿入+ボタン。これは私のと同じ。

大きな違いはサイドブレーキが電子制御になっていて、Dレンジにしてアクセルを踏むと
トルクを感知して自動的に解除される仕組みになっていた(手動On/Offも可)。

シートポジションとハンドル位置の調整、ミラーを調整して出発。
ちなみにシートのリクライニングはドイツ車みたいなダイヤルぐるぐるになっていました。
メガーヌ2は前かがみになって足元にあるレバーを引きながら、同時に背中の下の方で
シートを押してリクライニングさせなければならない。
これはちょっと不便。メガーヌ3に軍配が上がる。

Dsc_6354
メガーヌ2を受け入れられるか受け入れられないか、好みがはっきりと分かれたあの「ケツ」は
3代目になり完全に普通~に・・・残念

Dsc_6363
フロントマスク 写真だと冴えないが実物はなかなかいいよ。

トランスミッションは4速のトルコンATから6速CVTに。シームレスな加速が得られます、短い時間試乗しただけだけれど、
あの悪名高きオバカな我がAL4に比べればすごく優等生。
優等生過ぎてつまらない、普通になりすぎたという向きも多いようだけれど・・・半分負け惜しみ?
確かにATのクセをつかめば5年も乗ってりゃ今更ATに腹を立てることもないけれど、それでもジャトコ製のCVTとなり
明らかに工業製品としての信頼性がアップしたであろうことは羨ましいsign04

全幅が1775mmから1810mmと少し幅広になったけれど違いは気にならず。
乗り心地はやや固め、でもゴツゴツした感じじゃないので誰にでも受け入れられるでしょう。
後方視界はメガーヌ2に軍配が上がります。

Dsc_6364

メーターパネルはプレミアムラインがデジタルで、GTラインはアナログとなるはずだったけれど、震災による部品供給の遅れ
のために、現在はデジタルに統一されています。
視認性はとても高い。

Dsc_6358

ステアリング背面のサテライトスイッチでオーディオのコントロールをするのは今までどおり。
ただし、ボタンを押したときのタッチが高級な感じになってます(カチッからコクッ(?)に)。

ウインカーの音がね、超へんてこなんですヨcatface 何かねえ、クイズの制限時間をカウントされているような音。
ま、悪くないんだけどさ。 ホーンは鳴らさず仕舞い。

Dsc_6367

エアコンは左右独立して温度設定ができるようになりました。
AUX端子とUSB端子もあります・・・いいなぁ。

ドアのパワーウィンドウスイッチのところにあった収納スペースは無くなりました。
これがあると便利だったのにな。

ディーラーの周りを小一時間試乗させてもらいました。チビジョはすぐに飽きてしまい昼寝sleepy
天気が良ければ車を降りてじっくり外観を眺めたり、エンジンルームを覗いたり、リアシートに座ってみたり
いろいろ試してみたかったんだけれど、ひどい荒天のため実行できず。

フライパンをいただき帰宅。自分のメガーヌ2も(が)やっぱいい。

でも晴れた日にまた一人でじっくり試乗させてもらいたいなあ。

メガーヌ オイル交換

久しぶりの車ネタ

メガーヌのオイル交換をそろそろしなくちゃなーと思いながらも延ばし延ばしに
なっており・・・ディーラーから届いた「RENAULT PRESSE Vol.3」なる冊子の中に
9月のキャンペーンのお知らせが同封されていたので重い腰を上げてオイル
交換してきました。

キャンペーンの内容は・・

①安心無料点検
②タイヤ・バッテリーチェック
③ルノーコンピューター無料診断
④バッテリー25%オフで交換
⑤エンジンオイル25%オフで交換(ルノー指定以外でもOK!)交換で
  新型カングー卓上メモホルダープレゼント!

・・オイル25%オフ!待っててよかったーscissors とディーラーに工場の手配をして
もらうべく電話をし、その電話を切る直前に気付きました。

(勘違い) ⑤エンジンオイル25%オフで交換(ルノー指定以外でもOK!)
           ↓
(実際は) ⑤エンジンオイル(ルノー指定以外でもOK!)

オイル交換は25%オフではなかった...crying

でもこんなことでもなければきっと1年点検まで放置しちゃいそうだったので
よしとしよう。

Before
車検の時に交換してから10ヶ月 7,000km 汚れています。
※手拭いの柄・・・足?

After
交換直後 サラサラです。

elf EVOLUTION SXR 5W-40 @2,600×5L=13,000円
ドレンワッシャー 220円
消費税 661円
締めて 13,881円也

※「エボリューション」としか指定しなかったんだけれど値段からして5W-30
ではなく40でしょう。
こんどオイル交換するときはきちんと5W-40で!と頼もう。
値段上がったりして・・

ちなみにコンピューター診断結果は
過去も現在も故障コード「ナシ」。

タイヤの空気圧調整は
前 2.5
後 2.3
・・指定空気圧は前2.3/後2.1なので若干高めに調整されています。

De_kangoo
デカングー卓上メモホルダー うっ微妙だ・・

メガーヌの不具合いろいろ 顛末編

さて、修理に出していたメガーヌですが「おかあさんといっしょ」の収録
前日に帰ってきました。

「右テールレンズのバックランプ、ブレーキランプのカプラー接触不良による
(軽い)ショート」 が原因でした。

こいつが悪さをしてブレーキ踏んだときにナビが「おっバックしましたね!」と認識
したり、リアのワイパーが勝手に動いたりしていたようです。
※リアワイパーはもともとフロントワイパーONの常態でバックをすると自動的に
動くような設定になっています。

ナビのサイドブレーキのランプが常時点灯しているのは、車が動いているときにも
TVを見ることができるようにするための最初からの設定だそうです。
⇒そもそも運転中にTVなんて見ようと思わないし、第一電波をほとんど通さない
フロントガラスなのでTVなんてまともに映りゃしないのだ。

メカニック氏の作業としては、カプラーの接点を磨いて接圧を高くしたところ症状が
出なくなったとのことです。
但し、基盤に不具合が出ている可能性もゼロではないため、しばらく様子を見て
症状が再発したときは・・・基盤だけの交換ができないので

・・テールレンズASSY交換! 2万円+工賃5千円typhoon だそうです。

修理後2週間以上経ちましたが、全く問題なし。
ナビもこうじゃなくっちゃね、という正確さ(これが当たり前なんだが)

今回は8,400円(込)でした。

メカニックからフロントに回ったという若い兄さんと今回初めて話しましたが
職人職人しておらず気さくな人で好感を持ちました。

メガーヌ 不具合いろいろ出たー

メガーヌの調子が悪く工場に先週末預けてきました。

不具合箇所は
①オプションで付けたナビ(Panasonic STRADA CN-DV255)
 [“車両信号情報” 画面]
  ・ギアをRに入れたときにリバースランプが点灯する(これはOK)
   →ところが、ブレーキを踏んだときにも点灯する!
   →赤信号や交差点での右左折でブレーキを踏んで減速していくとナビの
     自車位置マーク(▲)がズルズルッと後退していく。
     この状態で右左折するからナビで案内させているときには必ずリルートが
     かかってしまい、めちゃくちゃな線を引かれてしまう。

     ・サイドブレーキランプが常時点灯している

②ワイパー
  ・フロントのワイパーを動かしているときに右折のウインカーを出すと
   それがきっかけとなりリアのワイパーが動き出す(しかも間欠ではなく
   シャカシャカと)ことがある。
   →最近発生頻度が少ないけど、完治して帰ってくるかなぁ。

③ハザードランプ
  ・ハザードランプを点けている常態で、Rレンジにギアを入れると
   ハイフラッシャーになる!もう意味わからん。

現在、工場でダッシュボード周辺をばらせるだけばらして原因を探ってくれています。
よくぞここまで!ってな具合のばらしっぷり(写真撮っておけばよかった)。
こりゃ元に戻すだけでも相当時間かかりそうだ。

car

代車はHONNDA of AMERICA の22万9千キロも走っているSABER 2.5L。
これが以外によく走る。
きちんと整備すればこのくらいはいけるってことでしょうか。
2.5Lってパワーに余裕があるから楽ちんですね。シフトショックがかなり大きい
けれど低い回転数ですいすい走ります。
こういうとこは非力な1.6Lメガーヌとはだいぶ違います。

tv

それにしても最近身の回りの家電、デジタル機器がことごとくおかしい。

・温水便座
 National ビューティ・トワレ・・・極極微量の水漏れがタンクのどこからか続いて
 いて、修理見積をとったら結構したので、エイヤッ!と買い替え

・プリメインアンプ
 デノン PMA-390Ⅳ・・・インプットセレクター暴走(CD聴いてると突然テレビの
 音に切り替わったり)のため買い替え 
 ⇒ マランツのローエンドモデルPM5003、これがキンキンシャリシャリで不満。
 デノンよりさらに安かったし、そもそもSPのツィーターに穴開けられてるしねぇ。
 デノンの音はもっと暖かかった、ベストセラーも今となっては納得。

・デジカメ
 Ricoh GRDigital2・・・2度目の修理依頼中(各種設定変更時に液晶画面上
 で制御不能の暴走が始まり設定が決まらない)。
 GRDはものすごく操作性が良くって気に入っているだけに残念。

・HDDレコーダー
 TOSHIBA Vardia RD-XD72D・・・フロントパネルの表示が常時暴走中(録画中
 でもないのに録画ランプが点いたり消えたり、Hi-Visionランプが点いたり消えたり、
 チューナーの切り替えをしていないのに勝手に切り替わったりいろいろ)
 ⇒滅亡へのカウントダウン始まってる?

どうなってんだ?何か憑いてんのか??

MEGANEのブレーキ

プリウスのブレーキ問題まで出てトヨタが揺れてますね。
では自分のメガーヌのブレーキはというと、満足しています。

自分のはメガーヌ2のマイナーチェンジ後のフェイズ2だけど、
よく言われるカックンブレーキは自分のに関しては全く無く、
効きもいいしちゃんと止まってくれるので何の不安もなし。

ルノーの場合、他に不安になる要素が多いだけにブレーキにまで
心配をしたくはないってのもあるけどねー。

ごく普通の前後ディスクブレーキ(前輪はベンチレーテッド)で、
ブレーキダストが多くホイールが真っ黒になるのもごく普通coldsweats01
ごく低速でブレーキが軽く鳴くのもごく普通coldsweats01

Megane
(洗車して1月もすると真っ黒に)

まぁ、上を見ればきりが無いけれど走る・曲がる・止まるという
部分に関してはよく出来ているのではないでしょうか。
・・走る、はATがお馬鹿なので微妙かな。

奥様のカングーのブレーキはリアがドラムだからか、メガーヌに
比べると効きが甘い。
でもカングーは楽しい車。車重が軽いのでよく走るしエンジンも回る。
でもハンドルはもう少し軽くてもいいと思います。

静か過ぎないHV

ハイブリッド車にエンジン類似音を義務化へ、ですって。
うーん、なんか滑稽な気が・ ・ ・・
モーターだから即静音なんじゃなくって、そこにはメーカーの相当な企業努力
があったはず。
「ここまで静かにできました」→「静か過ぎるから音出してね」 というのは・・

「CO2ここまで出なくなりました」→「クリーン過ぎるからCO2類似ガス出してね」
・・なーんていうナンセンスな発想はケラの芝居を観た余韻に浸っているからか。

rvcar bus car car
ルノーが新車攻勢かけてますね。

RV車のコレオスが出て、カングーが新しく大っきくなったと思ったら、今度は
トゥインゴとルーテシアにルノー・スポールが登場ですか。

しかも、ルーテシアなんて現行ルーテシアのルノー・スポールが出るか出るかと
言われている間に本国でモデルチェンジしちゃって、いきなりモデルチェンジ後
の新顔で登場です。これは実車を見てみたい。
マニュアル車の運転楽しそうだ・・・今の自分はATに慣れきっているので、MT車
は運転できるというより、動かせるというレベルだけど。

ルノー、ちっとは売れてんのかねぇ、新トゥインゴもコレオスも新カングーも走って
いる姿をまだ見たことがない。ディーラーのある町なのに歯痒いのお。
うちの奥様の乗っている旧カングーはかなりの台数走っているけど。
カングーと言えばメタリックグリーンのカングーを時々見かけるけれど素敵な色で
うらやましい。

自分のメガーヌも購入を検討しているときに、ちょうど今1台試しに入れた注文色
のグリーンが入って来たから即納できますよ、と囁かれたんだけど悩んだ末に
ブルーにしてしまった。グリーンが良かったなぁ。
ますます絶滅危惧種になっちゃいそうだけど(すでにカタログから落ちてるし)。

来月車検だしディーラーに行って久しぶりに営業のOさんに会ってくるか。

車検・・いったいいくらかかるやらmist

古いルノー (2004年 トルコ)

2004年5月に8日間ほどトルコを旅した(イスタンブール、イズミールに滞在)
ときに見かけた涼しげなガレージ?に停まっていた古いルノー。
エフェス都市遺跡・・だったような

Renault_turkiye

RENAULT 30 ・・・・かなぁ

エフェスと言えば
Efes
エフェス・ビール!

トルコ滞在中はずーっとエフェス飲んでいたなぁ。

より以前の記事一覧